元バイヤーがおすすめするコーチバッグ価格情報

コーチ(COACH)の今

コーチ(COACH)の今


2013年には ハイメゾンでキャリアを積んできたスチュアートヴィヴァースをエグゼクティブクリエイティブディレクターに迎えモダンかつモードも進化を続けているというのがコーチ(COACH)の現状です。
トヨタのレクサス(LEXAS)ブランドでコーチの革製品を内装に利用した乗用車が限定販売されたこともあります。
いわゆるラグジュアリーカーと呼ばれる市場を狙ったものと思われます。
日本のトヨタブランドでもコーチ(COACH)ブランドを冠したモデルもあrます。
米国の高級自動車ブランドレクサス コーチエディションというのが存在します。

コーチの商品はハンドバッグ、鞄、財布だけではなくて現在では時計、ウォッチ、ジュエリー、アパレルにまで及んでいます。
COACH の商品を購入するには 高級バッグ店や 高級百貨店のコーチ売り場 またはコーチの直営店 に行くことをお勧めします。
ただ実際には ネット上でもコーチの商品は販売されています。
COACH の商品の価格は 日本での価格と米国での価格に差があります。
その差を利用した 並行輸入店での販売も非常に盛んです。
信頼できる並行輸入店から購入することは 非常にお得な選択だと思います。

 

*スチュアート・ヴィヴァース
スチュアート・ヴィヴァースはデザイナー。ウエストミンスター大を卒業。卒後ニューヨークへ渡るとカルヴァン・クラインに見いだされ、アクセサリーラインを担当。2年後にはボッテガ・ヴェネタの創始者ラウラ・モルテードに認められてミラノへ移住。そこでもやはりアクセサリーを任されて大胆なデザインを生み出し、同ブランドの回生に貢献。その後、スチュアート・ヴィヴァースはロンドンのデザイナールエラ・バートレーと長期に渡ってコラボレーションし、中でもバッグ「ジゼル」は大ヒット。独立レーベルとしては前例のない成功を収める。その後ジバンシィにおいてアクセサリーデザイナーとなりプレタポルテとクチュールを担当。個性的な編み目使いの「マクラメ」とキュートな巾着「パンプキン」がヒットし、2002年から数年間、ジバンシィとともにルエラを手掛け、その間、自身のラインもデザイン。多忙を極める中、さらにマーク・ジェイコブスの下で働き、ルイ・ヴィトンのアクセサリーもデザイン。2004年母国イギリスに戻るとクラシカルブランド、マルベリーの再生をサポート。「エミー」や「メイベル」など多くのヒット商品を生み出し、ウェアの責任者も兼任する。ロエベのクリエイティブディレクター、コーチのエグゼクティブ・デザイナーも任され、ブランドの未来を開拓中。

 

サブメニュー

トップへ戻る